いつまで
肉体労働を続けるのですか?

3ステップのテンプレートに沿って作業するだけで
印税構築開始3ヶ月目後に

36万の印税収入
銀行口座に自動で振り込まれ

アマゾンが存在する限り、キャッシュを運び続けてくれる自動販売機を構築できる

そんな・・

まだ、誰も知らないブルーオーション市場に
所持金0円で参入できるビジネスがあったら、
興味はありますか?

こんにちは、Kです。

2話までの動画を見ていただいた方は十分に電子書籍の可能性を理解していただけたかもしれませんが、さらに深堀りしていきます。

もし、あなたが所持金0円で、
これから間違いなく爆発する市場にノーリスクで参入して、ガッポリとお金を儲けたいと思うのであれば、これからお話する内容はかなり興味深い話になることでしょう。

まずはコンサル生の実績を御覧ください。

1人目 K Wさん

2人目 N Rさん

3人目 W Iさん

4人目 T Yさん

5人目 O Nさん

上記5人の結果は全て3ヶ月以内に達成した数字です。

早い人だと1ヶ月目で20万を超えてくる人も出ました。

しかし、、
コンサル生の結果を見ても

心の中では、、

「初心者のわたしが電子書籍なんて出せません。」

と思っているかもしれませんね。
でも、そんな気持ちが少しでもあなたが持ったのあれば、

それが確実に儲けられる証拠です。

市場規模は確実に伸びているのにも関わらず
心理的に参入障壁が非常に高いという事です。

恐らく、この手紙を読んでいる人の中で、
電子書籍をコピペとリライトで出して儲けている人は誰一人居ないと思います。

コピペの内容でもお金が稼げる理由

それは、キンドルの読み放題プランが出来たからです。

この読み放題プランに入っている人の心理は、
どんな本でも無料だからまずは読んでみよう。

という心理が働きます。
なぜなら、読めば読むだけお得と感じるからです。

焼き肉の食べ放題のお店に行く人の理由は、お得に焼き肉をいっぱい食べたいから。

食べ放題プランを選ぶ人が、カルビ1皿を注文して終わり、、

なんて事は考えられないですよね(笑)

つまり、
この読み放題プランを契約する人は、損をしたく無いと言う心理が働き、どんな本でも一先ず読んでみよう!というアクションをとります。

そして、読み放題プランを契約している人に、
自分が出した電子書籍を読んで貰えると、、

1ページスクロールされるだけで0.5円
2ページスクロースされれば1円。

という印税が発生し、
その印税を貰えるといった仕組みになっています。

大体1冊につき月に5000~1万円の印税収入が発生します。

しかもストック収入なので

1ヶ月目に10冊出版して約10万円

2ヶ月目は1ヶ月目の10冊が働いている状態で本を積み上げていけます。

3ヶ月で30万と言う話は、このページ数に応じて印税で稼ぐ方法という事です。

しかし、電子書籍ビジネスについては、ほとんどの人が難しい。
自分には出すことが出来ない。

と思っています。

ましてや電子書籍を出す方法すら知りません。
ですから、

市場規模は年々伸び続けているのに、供給する側が少ない。ここに「歪み」が生じている。だから、30万儲かった。

と言う事です。

※その後70万超えの収益が出ています。

もし、あなたが何かしらのビジネスをやっているのであれば、ここまで市場に歪みが出来ているものを実践しているとは考えづらいです。

なぜなら、電子書籍というのは時代の流れが、変わったことにによって出来た市場です。

あなたが時代の流れを変えられるほどの神様的なパワーを持っているのであれば、このような歪みを起こす事はできるかもしれませんが、恐らく全員無理です。

ビジネスにおいて簡単にもうかる方法は至って簡単です。

需要と供給のバランスが崩れた市場において供給側に回ること。

しかし、需要と供給のバランスが崩れる市場というのは、そうそうありません。

さらに、、
その市場があったとしても、大企業のように資本力が無いと参入する事が出来なかったりします。でも電子書籍を出すのに掛かる費用は0円です。

財布の中身が0円でも、
圧倒的な市場の歪みを利用してノーリスクでコピペで稼げる。

恐らく、こんな市場はそうそう出てきやしません。

コピペって言っておいて結局難しいんでしょ。

きっと、こんな事を心の奥底では思っているのでは無いでしょうか?

こういった情報を聞いたとしても
実際に行動する人はほんの数%です。

もし、この時点で電子書籍市場の可能性に気づいていないなら、本当に勿体ないと思います。

最近、仕事の関係で東京に滞在した時
山手線に乗ったのですが、電子書籍をスマホで読んでいる人をチラホラ見かけます。

重い本を何冊も持ち運ばなくても、スマホで何千冊という本が読めます。

「ポケットに1000曲」

今では、ポケットに1000曲と聞いても魅力は感じ無いかもしれませんが、iPodは世の中でどのように広がって行きましたか?

説明するまでもありませんよね。

曲なのか本なのか?ただその違いだけです。

今後、間違いなくこの電子書籍市場は伸びます。

やる、やらないは自由ですが、やった人だけ確実に儲かるといった話です。
しかも電子書籍の本の内容はコピペ+リライトでOK!!

今から、ちゃんとノウハウを勉強して、キンドル市場に仕掛けておけば
何もしなくてもある程度の印税がほったらかしでも入ってきます。

らに、個人が出す電子書籍が、出版会社に勝てる理由も存在します。

大手出版会社が個人に勝てない理由。

それは、圧倒的なスピードです。
出版会社の場合は、企画から出版まで様々な会議をして世に出されるまでに何ヶ月もかけなければいけません。

しかし、個人の場合は、そんな面倒くさい企画会議などもありません。
コピペで出した内容でも出せます。

なので、どれだけ大手出版会社がこの市場に参入してきたとしても全く問題ないのです。大手には大手のブランドを汚せない。。
そんな大人の事情が絡んできますからね。

30万稼ぐのにどれくらいの電子書籍を出したの?

30万稼ぐのに36冊で到達しました。

私自身

最初、このノウハウを聞いた時、「100冊単位で本を量産しないといけないでしょ」と思っていました。

36冊と聞くと多いでしょうか?

1冊作るのに約半日ほどなので気合があれば半月ほどで完成します。

現実的に3ヶ月ほど見ておけば、十分に出版できる冊数です。

しかし、残念な話ですがこのノウハウにも賞味期限があります。

今やれば、3ヶ月で数十万の印税収入は十分狙えますが、5年後は分かりません。

まあ考えれば当たり前のことですよね。
このノウハウが流出すれば、する程、市場は飽和するのは目に見えています。

なぜなら、コピペで電子書籍を出す人が増え、ライバルが増えていくからです。

しかし、、

今からこのノウハウを実践していれば、
確実に先行者利益はガッポリ儲ける事は出来ます。

まだ、キンドルで本を読んだことはあるけど出版側になる人はほとんどいないからです。

海外では電子書籍の印税で月収400万クラスがザラ

海外では、既にこの電子書籍の可能性に気づき、フィリピンの安い人件費で電子書籍を大量に作らせて、月に400~500万をもらっている人達もいます。

知っている人は知っていると思いますが、フィリピン人は、小さい時から英語の教育を受けています。

しかし、人件費は激安。

既に海外の電子書籍のマーケットは日本とは全く次元が違う程伸びています。

これからの日本市場は、伸びるのか、伸びないのか?

考えなくても分かると思いますが、
人口がそこまで居ないので、海外ほどのマーケットはありません。

でも、月に30万ほどを稼ぐくらいのパイは、余裕であるわけです。

さらに・・

所持金0円で始めることが出来る。

普通の商売を始めようとすると仕入れ資金や投資の場合は初期費用が必要です。

初期費用をかけたからといって、絶対に利益が上がるという保証はありません。

であるならば、

所持金が0円でも始められて、これから伸びるであろう市場で
ノーリスクで1円も掛けずにビジネスをした方が良いとは思いませんか?

1番儲かるビジネスを探しているあなたへ

僕がネットビジネスに参入してから7年近く経験してきました。
その期間の中に、色々なビジネスモデルが出てきましたが、

結局の所、

どれだけトレンドに乗れるか?

が1番儲かるノウハウである事を体験してきました。

そして、今現在も、世の中には

「これが1番儲かる!」的なノウハウが氾濫しています。

ですから、
そういった情報に触れたときに考えなければいけない事は、

1、市場規模はどれくらいか?
2、その市場には将来性はあるか?
3、需要と供給のバランスはどれくらいなのか?
4、参入障壁は高いか?

と言うポイントを見るべきです。

さらに、、、

そのビジネスをするにあたって、
リスクはどれくらいあるのか?

リスクと言うのは、
手出しのお金の事です。

今回の電子書籍の話は、所持金0円でキンドルのアカウントを取得出来ますし、
所持金0円で出版することも出来ます。

つまり、全て0円でビジネスを行うことが出来るという所が非常に魅力的なビジネスだと言えます。

しかし・・・
面白いことに、0円で出来ると言われても、
これから市場が伸びると言われても、

どのように電子書籍を出したらよいか分からない。

と言う、参入障壁が高い事です。

しかも・・・
コピペで電子書籍を出して印税を稼げるなんて事は今の段階では殆どの人が知りません。

ですから、今のうちにしっかりとしたノウハウをちゃんと勉強して、この市場で勝負しておけば、トレンドに乗り金をガッポリと儲ける事ができます。

とはいえ、最低1日1時間ほどの作業は必要です

過去にコンサル生でこんな人がいました。

ほぼ作業をしないにも関わらず、全然稼げませんと嘆いており。

なぜ作業しないのですか?と聞くと

会社が忙しくてできません、、

と返事をされました。

流石に、全く作業をしない場合は収益は発生しません。

なので適当に少し稼げればいいやーくらいの人は来ないでください。

逆に最短で結果をあげたい本気の人だけ僕のLINE@に「RBC」とメッセージください。

印税構築プログラムの詳細を電話でお伝えします。

※強引なセールス等は一切致しません。

むしろ売り込まれなすぎて物足りないかもしれません笑

【注意】

今回の印税構築コンサルに関しては

かなり秘匿性の高い情報ということもあり

期間限定での公開となっています。

また生徒さんの数が100人を超えた時点

募集自体を締め切りますので

興味があればすぐに続きを読み進めてください。

追伸

僕はこの「印税収入」を始めてから

人生が相当変わりました。

海外に移住できましたし、安定収入を得られるようになりました。

一時期は本当にお金に苦労した時期もあり、未来に希望が持てなくなったこともあります。

 

でも、そこで諦めなかったから今があり、

こうして多くの人と関わり、毎日楽しい日々を送っています。

 

今のあなたの状況がどんな状況かは僕はわかりません。

 

わかりませんが、一つだけ言えるのは

「人生は今よりも必ずよくなる」

ということです。

 

毎日の中で辛いこともあるでしょうし、

もっとこうしたいのに、と思う願望も

多かれ少なかれあると思います。

 

そういったことも

諦めずに、一つ一つチャレンジしていけば

必ず達成できる僕は信じています。

 

その一つのきっかけとして、

印税収入が夢を叶えたり、人生を良くする手段として活用してもらえれば、こんなに嬉しいことはないです。

 

僕がいつも、よく言っていることに

こういう言葉があります。

 

好きな物を好きなだけ食べる。

好きな場所に好きな時に行く。

好きな人と好きなだけ過ごす。

好きなことを好きなだけやる。

 

こういう人生だったら最高だと思いませんか?

 

確かに我慢も大切です。

我慢から学べることはいっぱいありますからね。

 

好きを我慢するのも大切です。

ですが好きを実現するのはもっと大切です。

 

ただ我慢ばかりは

やっぱり違うと思います。

 

最終的には自分の理想となる人生歩まないと

面白くないじゃないですか。

 

好きなものを食べるのを我慢し、

いつも同じ場所で好きなところにはいけない。

自分が関わっている人は全然好きでもなんでもない人で

やりたいことを全然やれない。

 

これってとっても寂しくないですか?

 

これよりも

 

好きな物を好きなだけ食べる。

好きな場所に好きな時に行く。

好きな人と好きなだけ過ごす。

好きなことを好きなだけやる。

 

こっちがよくないですか?

 

お金を稼ぐことができれば

人生はより豊かになっていきます。

 

お金が全てではありませんが、

お金を稼ぎ、そのお金を使って経験したことで

また人生のステージは上がっていくんです。

 

最終的には、いつも自分の好きなことを

やっていても困らないくらい、自由な生き方を

僕は目指しています。

 

好きな人と一緒に、過ごし

楽しく自由な人生を送る。

 

そんな人生を送っていく人が

1人でも多く増えればいいなと思っています。

 

それでは、ありがとうございました

プログラムの全貌はお電話でお伝えしてるので、僕のLINE@に「RBC」とメッセージください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です